カーテンとは

カーテンは、遮光、防音、仕切りなどを目的に使われる、吊り下げて利用する波状になっている布製品である。

カーテンは部屋の遮光等に使用されるケースが多い。 普通カーテンは、カーテンレールに取り付けられ、上からつりさげられるように使われる。

厚手のカーテンをドレープカーテンと呼ぶ。 ドレープカーテンの中に取り付けるカーテンを、レースカーテンと呼ぶ。
レースカーテンは半透明のカーテンである。 ドレープカーテンより薄く、レースカーテンより厚いものをケースメントと呼ぶ。
カーテンは大体二枚一組とされている。 窓の両側に、一枚ずつカーテンを付け、真ん中でカーテンを合わせる形で使われている。 カーテンが必要ないときは、両側にタッセルと呼ばれるカーテンを束ねておくものに束ねておく。

カーテンが必要な時は、日が出ていない時である。
日が出ていて眩しいときも使用する。
日が出ていないときに、外から中が見られないようにカーテンで隠す。

カーテンには防音効果、保温効果ある。 冬の寒いときなどはカーテンを閉めることで外気を遮断でき、室内を暖かく保つことができる。 音楽や、映画を見るときにはカーテンを閉めることによって、外に音が漏れるのを防ぐことができる。

ページのトップへ戻る